HOME  pagetop

お客様の声 > OSTERIA Naughtti 高橋信夫さん

持ち味を最大限に引き出したい
だから食材にこだわります

 軽井沢や周辺エリアの食材をメインにしたカジュアルなイタリアンレストラン、オステリアノーティ。食材探しの際に農場にお越しいただいたのがご縁で、「2年前のオープン当初からお米は永井農場の天日干し米だけ」とオーナーシェフの高橋信夫さん。

 「天日干し米は粒がしっかりしていてふっくらと甘みがあり、味がボケにくいという印象。ちょうど良い粘り気ありながら芯も適度に残ってくれるのがいい」と、リゾットに使われています(ちなみに、初めてこちらのリゾットをいただいた弊社の永井社長、「うまい!」と小さく叫び、膝を叩いておりました...)。

naughtti01

 ほかにも、アスパラは期間限定でリゾットやパスタ、オーブン焼きに用いられ、ヨーグルトやチーズも魅力的なメニューになっています。

 ヨーグルトは、「酸味がほどよく、市販のものとは濃さが違う。さほど手を加えなくてもおいしくなる」と、生クリームや軽井沢のハチミツなどを少々加えてジェラートに。「イタリア産のものより塩分が控えめでミルク感が強い」というモッツァレラチーズは、軽井沢高原イチゴと組み合わせてカプレーゼに。バルサミコ酢のソースとミントが相まって、甘みと酸味のバランスが抜群です。

naughtti02

 素材同士の相性を大切に、食材そのものの味を引き出すことを考えているという高橋さん。食材を見極める目と舌と、ジャンルにとらわれない柔軟な発想力が人気の秘訣なのでしょう。「まずは良い食材ありきです」という言葉は、生産者にとってなによりの励みになります。ご期待にそえるよう、これからも心をこめて農業に向き合いたいと、改めて感じました。

naughtti03

naughtti00

[OSTERIA Naughtti]

オーナーシェフ

高橋信夫さん

> Web-site


鶏料理、炭火焼き、天ぷらなどの和食店や、ピッツェリア、イタリアンレストランで修行を積み、2013年にオステリアノーティをオープン。取り扱う食材の生産現場はすべて訪問し、機会を見つけては生産者巡りをする。「米、アスパラ、チーズのような馴染みの食材でも、永井農場のものは明らかによそとは違うおいしさがあります」

選りすぐり食材のコンビネーションを堪能

OSTERIA Naughtti(オステリアノーティ)

JR代々木駅西口から徒歩1分半。店内は座席スペースがゆったりとられ、カジュアルでくつろげる雰囲気。結婚式2次会や歓送迎会などパーティーにもぴったり。ランチのカレー(ごはんはもちろん永井農場の天日干し米!)は女性に人気。ワインやビールも軽井沢周辺のものが豊富にそろう。店名はnaughty(いたずら)がベースの高橋さんの造語で、「いたずら心のあるイタリアン」を意味する。

naughtti04

住所:東京都渋谷区代々木1−31−13 マグナ工業ビルB1階
TEL:03-6383-3350 定休日:日曜・祝日
営業時間:11:30〜14:00(月〜金)/17:30〜24:00(月〜土、金は〜25:00)

  • 永井農場のとりくみ
  • つくっているもの
  • お客様の声
  • ライブラリー
  • 農業コンテンツ
  • 私たちについて