自立した農業をめざして農場の基盤を共につくりあげるスタッフを募集します。

将来的には農場の中核を担って欲しい。発展途上の組織には農業の既成概念にとらわれないパートナーが必要です。

永井 進

代表取締役 38歳(昭和46年1月2日生まれ)

永井進写真

1971年長野県小県郡東部町(現東御市)に専業農家の長男として生まれる。地元中学校卒業後、北海道酪農学園大附属高校酪農経営科、北海道文理科短大酪農科で学び、卒業と同時に就農。92年首都圏で米の直販開始。当初の顧客は知人25人だったが、雑誌『クロワッサン』掲載を契機に全国からの注文が殺到。翌年は大冷害による米騒動が勃発するも値上げなしで契約数量を販売、顧客からの礼状に感激する。96年農業生産法人有限会社永井農場を設立し専務取締役。荒廃農地を再利用した地域循環型ワインプロジェクト、栽培から販売までを行う地元小学生との米作り等々、既存の枠組みにとらわれない農業に邁進中。

僕は農業を変えたい
産業としての自立をめざします

永井農場 事務所 農業のあり方を根本的に変えたいと真剣に考えています。

農業はこれまで家族が基本の形態でした。内輪でまとまりながら生産だけにかかわり、それ以外の大切なことは他人にあずけてきた面があります。でも、そこには限界がありました。

家族という縛りにとらわれず意欲ある新規参入者と結びつき、新しい農業のかたちをつくりながら地域の農業全体を活性化したいと考え、13年前に農場を法人化しました。

残念ながら、農業はまだ産業として自立できていません。

自分たちの生産物に対して「この金額で買って欲しい」と言えず、一方的に「いくらになった」と報告を受ける系統(JA)出荷が主流であり、国をはじめとする各種支援や補助金の恩恵にあずかるという特殊性がこれまでの農業にはありました。もちろん支援はありがたいものですが、"補助金ありき"で成り立つ経営は健全ではないはず。自分たちの力で自立できる農業の会社をつくりたいのです。

作ることだけが農業ではありません

米袋 米や野菜をつくり牛の世話をすることだけが農業ではありません。

飲食業にたとえると、農業を志す人のほとんどは料理長になろうとする。でも、サービスやマネジメントも、そのレストランには不可欠。つまり、田や畑で働くことだけが農業ではないということです("農業=料理長"という認識も誤解で、農業者はレストランのオーナーでなければいけないと思いますが)。

そして、いま永井農場が求めているのは"料理人"だけではありません。

現場で生産したおいしいものを、お客様にきちんと届けるまでが農業です。

農場のポリシーや農産物の魅力をお客様に伝え届けることなど、生産以外の仕事にも喜びを見出せる人。農業という産業を変えるために何をすべきか、一緒に考え、地道に実行できる人材を必要としています。

"拡大"ではなく"深化"したい

牛 大きな会社をつくりたいと考えたことはありません。

国がよく使う"サラリーマン並み"という言い方が嫌いです。

もちろんめちゃくちゃ儲かる仕事だとは思っていませんし、それを望んではいませんが、自立した経営ができれば仕事に見合ったものは手に入れられる産業だと思っています。

"拡大"ではなく"深掘り"を進めます。

生産物は大事な原石のようなもの。これまでは原石を掘るだけでしたが、磨いてお客様にお届けし、喜んでいただくことをもっと深めていきたい。

この夏、軽井沢にオープンしたジェラートショップもその一環です。牛乳を出荷するだけでなく、お客様に直に届けたいと思っていたことが実現します。直営ショップという新たな挑戦も、事業の多角化ではなく"深掘り"です。

"よろこばれる"にどう向き合うか

永井農場スタッフ 今後、農場の中心に掲げたいのは"よろこばれる"という言葉です。

何のために永井農場が存在するのか。大きくとらえると、いろいろな人によろこんでもらうためだと思います。

生産したものを食べてくださるお客様。連携して米づくりをする地域の人たち。スタッフや、その家族......。たくさんの人たちに、さまざまに"よろこばれる"ことをポリシーとして大事に掲げていきたい。農業法人になって13年、ようやくそういうものが見え始めてきました。

スタッフそれぞれにいろいろなとらえ方があっていいけれど、一人ひとりが「何をどのようによろこんでいただけるか」を考えながら一所懸命仕事に取り組めるよう、成長したいのです。

発展途上の組織だからこそ

人をいかに育てるか、それが会社としての大きな課題です。

ありがたいことに、永井農場で働きたいと言ってくださる方は大勢いらっしゃいます。ですが、農業に対する先入観が強すぎたり、大きすぎる幻想を抱く方も多く、途中リタイアも少なくありませんでした。

永井農場はスタッフも10人未満で、まだ13年しかたっていないヨチヨチ歩き、企業としてはベースづくりの過程にあることを知ってください。

農業経験は必要ありません。

それよりも、目の前に現実としてある農業の姿を受けとめ、既成概念に縛られない新たな視点を持って、長期的に組織の基盤構築に取り組んで欲しいのです。

農業は地域性を無視することはできませんし、それぞれのスタイルもあります。東御市の永井農場だからこそできる農業を、スタッフみんなと考え、つくっていける人に来て欲しい。ゆくゆくは自分の右腕になってくれるような方を求めています。

自立した農業をめざして農場の基盤を共につくりあげるスタッフを募集します。詳しくはこちらをクリックして下さい。