HOME  pagetop

永井農場の想い

農業は自然と隣り合わせの仕事です。天気や自然が相手だから、人間は忍耐強く謙虚でないと続けられません。大変なときはみんなで助け合いながら、ひとつの作物を育てていく。その営みから、自然と農業に携わることへの誇りが生まれる。“I'm proud to be a ... farmer.”はそんな想いから生まれた私たちのモットーです。

農業者としての誇りがあるから、自立した農業のかたちをつくって、既存のイメージを変えたい。働く人全員が誇りを持ち、農業の楽しさを次の世代にも伝えていきたい。そのためには「よろこばれる」ことが大切だと私たちは考えます。まずお客様に。そして、応援してくれる皆様に、働くスタッフと支えてくれる家族に…。全員が同じビジョンを持ちながら、自分なりの「よろこばれる」とは何かを考えながら、日々の仕事に邁進していきます。

米の直販を開始してから、「永井農場だから、安心でおいしい」とお褒めいただく機会が増えてきました。そんな皆様の声を裏切らないためにも、私たちは品質を左右する設備には妥協しません。高性能の精米機、「手づくりもち」の加工場、できたてを味わっていただくためのジェラートマシンなど、すべての商品は品質の安定と徹底した衛生管理を最優先して、常にお客様にご満足いただける取り組みを続けています。

農業は、地域の方々との関わりなくしてできません。持ち主の高齢化などで作業が難しくなった田んぼを請け負ったり、協力農家さんが丹誠込めて作ったお米を販売できるのも、まわりの方との関わりがあってこそ。生産法人として近隣の皆さんと良い関係を築き、地域を元気にして、東御市の米や作物、乳製品をたくさんの人に届けたい。応援してくださる地元農家の方々に少しでも恩返ししたい。そんな思いを胸に、この場所で農業を続けています。