« 春の信州で、将来のワインへと… | メイン | 伝え続ける価値あるものに… »

桜の季節 苗木植えのご報告

所沢(しょざわ)川の桜。
IMG_2397g20%25.JPG
僕らの葡萄畑は山の尾根に開けたところ。そこに沿って流れるのがこの川です。
(小さく遥か山の中腹に僕らの葡萄畑が見えるのですよ。分かった方?…いますか(^^))


首都圏のTV放送ではもう桜の話は過去の出来事?。
IMG_2392g20%25.JPG
標高の高い信州、東御ではまだまだ見ごろ。


そして10日ほど前、上田城の夜桜
IMG_2255g23%25.JPG
隣町なのですが、標高が違えば開花時期も異なります。
山国信州ならでは、春の訪れが遅い分、桜の楽しみも長いのは嬉しいですね。


桜の楽しみが長いのは良いのですが、今年の苗木の定植も長引いています。
「春に三日の晴れなし」と云うように…
今年は雨に悩まされました。
雨そのものは小雨でたいたことはないのですが、地面が乾かず作業の遅延やせっかく定植を楽しみにしていたお客さまが作業が出来ないこともありました。

しかし皆様のご協力のおかげで作業もそろそろ終盤。
残り後500本程となりました。
作業が出来なかった方、まだ間に合います。
ピノ・ノワールが終了してこれからはカベルネ・ソーヴィニヨンです。
ご都合が宜しければまたいらして下さい。


そして今年の作業風景の数々


今年も参加ありがとうございます。
IMG_2182g20%25.JPG


植え付け作業に、ランチに、ヴィラデストワイナリーに、上田城。
IMG_2202g18%25.JPG
とても楽しい一日でした。


親子で参加、ありがとう。
IMG_2267g20%25.JPG
いっぱい植えたね。


お隣の巨峰農家さんとお友達
IMG_2323g20%25.JPG
今年は家族連れがたくさん。


そして、ワンちゃんが初参加。
IMG_2327g25%25.JPG
ここ掘れワンワン?本当に楽しそうでしたね。


水運び、大変でしたね。
IMG_2309g23%25.JPG
頑張っていただいて、ありがとうございました。


丁寧な作業
IMG_2347g20%25.JPG
Pinot Noirもきっと喜んでいますよ。


今年もここに載せきれない程、たくさんの方々に来て頂きました。


これからいらっしゃる方、雨で中止になってしまった方、
せっかく来ていただいたのに、お相手できなかった方もいらっしゃいます。
皆様、本当にありがとうございます。


そして昨日は久しぶりにお客さまがいらっしゃらない日。


畑をゆっくり見回りました。
IMG_2366g20%25.JPG
シャルドネの芽吹きももう間近です。


ピノ・ノワールの畑。
土手の湧き水が畑の真ん中を流れています。
IMG_2402g20%25.JPG
苗木植えの合間を見ての土木作業。 表土が流れないようにU字溝を設置します。


スコップと鍬を使っての人力作業。 泥と石との格闘で結構キツイ。
IMG_2418g18%25.JPG
本日の作業はここまで。
素人作業にしちゃぁ、上出来か!?(^^ゞ


Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニヨン)の区画
雨による遅延もあって急ピッチで整備をしています。
IMG_2420g25%25.JPG


IMG_2434g23%25.JPG
最後の500本は山の畑ではなく、永井農場さんのとなりに植えます。


これがカベルネ・ソーヴィニヨンの苗木。
IMG_2461g20%25.JPG


フランスはボルドー地方の最高級品種であるCabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニヨン)。
そして同様にボルドーの最高級品種であるMerlot(メルロー)。

メルローは今や長野県を代表する赤ワインとなりました。
ただ、僕の個人的な思いはボルドー系の品種はブレンドして味わいの調和を図ってこそ。
それは得も言われぬ複雑な味わいとなり、口の中から、そして鼻に抜けた香りが幸せを感じさせてくれるのです。

ワインを醸造する醍醐味の一つにブレンドがあります。
複数の違う品種やヴィンテージのワインを混ぜ合わせて味わいを整えます。
この畑のカベルネ・ソーヴィニヨンがシャープで広がりのある酸味と力強い骨格を兼ね備えてくれれば…。
今から山の畑のメルローとの調和が楽しみです。


そして今日もお客さまがいらっしゃいました。
IMG_2470g20%25.JPG
何とか午後には植え付けできる状態に。


永井農場に咲く桜  既に花びらも散りつつ葉桜へ。
IMG_2464g25%25.JPG
ここの標高が560m程。


先の満開の所沢川の桜は標高700m程。
同じ町でこれだけ季節の訪れや気候に差があります。
この差は葡萄栽培において品種毎の適地選びを可能にしてくれるのです。
メルローの畑が標高800m。そして標高560mのカベルネ・ソーヴィニヨン。
3年後にはきっと若々しくも複雑さと調和の取れたワインとなるでしょう。
楽しみにしていてください。


作業に来ていただいた方々のブログでも紹介していただきました。
ありがとうございます。

横川商店 呑ん子の放浪記 さん
http://blog.livedoor.jp/nonko0127/archives/55030886.html

ブドウ果樹園日記 萬果園 さん
http://blog.kaju-mankaen.com/?eid=547214

トーストにはシナモンシュガー さん
http://cinnamonsugar.blog.so-net.ne.jp/2008-04-12

安うまワイン紀行  さん
http://vinorosso.exblog.jp/8657243/


雨などの理由で参加できなくなってしまった方々のブログ
これからも応援お願いしますね。

sotobo style by Pleasure Garden さん
http://ameblo.jp/pleasuregarden/

SOS 〔soil・organic・survival〕 by yoyo さん
http://organicblog.blog8.fc2.com/

pTedEpaPiLLon* さん
http://paquerette.exblog.jp/


(有)永井農場
ワインプロジェクト 小山英明
〒389-0598 長野県東御市和8500
tel : 0268-64-0588 fax:0268-64-0589
e-mail : wine@nagaifarm.co.jp

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagaifarm.co.jp/mt/mt-tb.cgi/31

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 桜の季節 苗木植えのご報告:

» ピノ・ノアールの苗木を植える 送信元 トーストにはシナモンシュガー
ワインスクールの先生のお誘いで、長野県東御市のブドウ畑で、苗木を植えるお手伝い。ワイン醸造家の方が、2006年から土地を開墾して、ブドウを植えはじめた小さ... [詳しくはこちら]

コメント (7)

トラックバックありがとうございます。だいぶ植え付けができましたね!楽しみですね~~~

クタ:

たくさんのお仲間の愛情がたっぷりの苗木は・・・
みんなの夢と共に育っていくのだから

きっと美味しいワインになるのでしょうね。
がんばってください!

H.Koyama:

nonko さん
先日は留守にしていて申し訳ございませんでした。
会社設立の手続きなどに追われていました。
今年もたくさん植えていただいてありがとうございます。
また葡萄達に会いにいらして下さい。

クタ さん
美味しいワインが出来たらそれこそ飲んでください。
たくさんの方々に協力していただいて本当に幸せです。
これから本当の意味で夢を現実のものにしなければなりません。
皆様の応援があるから苦労も乗り越えてゆけます。
これからも応援してください。

次は、カベルネ・ソーヴィニヨンなんですね!
大好きな品種なので、わくわくします。
プントのドライブ計画、早めなくては…。

H.Koyama:

cumin さん
はい!カベルネ・ソーヴィニヨンです。(^^)
芽が膨らんでくるとチョッとした刺激で芽が取れてしまうのです。
来週中には植え付けを完了したいですね。
また遊びにいらして下さい。
芽吹きは嬉しいですよ。

ちっち:

お疲れ様です。
そういえば私、第二の連休長野に帰省していたんだった…
ほんの少しでもそちらに足を運べばよかったと
今更後悔しています
ゴ――(ll=д=ll)――ン...
写真を拝見しながら娘に見せてあげたい風景だな…と。
(実際行ったら邪魔なだけかもしれませんが…)
お体には気をつけて頑張ってください。

H.Koyama:

ちっち さん
ありがとうございます。
大丈夫ですよ。葡萄畑は逃げませんから。(^^)
いつでも遊びにいらしてください。
苗木を植えることも大切な作業ですが、葡萄栽培はそれだけではありません。
次々に伸びてくる枝葉の整理。病気や害虫、鳥獣との闘い。
刈っても刈っても瞬く間に覆いつくす雑草達。
重い支柱立てにワイヤー張り。邪魔な石の撤去や地面の整地。
U字溝や暗渠排水などの土木工事…etc
ほかにも大切な作業は限りなくあります。
だから、この地に来て、葡萄の木に触れて何かを、或いは葡萄達を愛おしく感じてくれるのなら、時期はいつでも良いのです。
その気持ちはきっと葡萄達にも伝わります。
僕らはそんな思いのこもった葡萄達を大切に育てます。
それがきっと良い葡萄に良いワイン造りに繋がると思うのです。

About

2008年4月24日 00:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「春の信州で、将来のワインへと…」です。

次の投稿は「伝え続ける価値あるものに…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。