HOME  pagetop

2002年、パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードとブルー・リボン・フライズのオーナー、クレイグ・マシューズにより1% For The Planetが設立されました。この団体は、「ビジネスの存続を可能にしている自然資源を保護することがよいビジネスである」という考えのもと、売り上げの1%を環境保護に取り組む非営利団体に寄付しています。

ピュアミルクジェラートナガイファームは1% For The Planetに参加し、ジェラートの売り上げの1%を軽井沢を拠点に活動する環境保護団体「ピッキオ」に寄付しています。ピッキオは、「森を森の姿のまま、後世に残していくこと」を目指し、野生動植物の調査研究と保全活動、環境保護の啓蒙活動を行っています。